包茎治療の必要な人とは

日本人の約6割程度が仮性包茎だとも言われおり、仮性包茎の場合には必ずしも手術が必要と言うわけではありません。また、美容整形を専門とする美容整形外科などが仮性包茎に対して本来不必要な手術を行うケースがあったり、高額の料金請求があったりするなどの包茎手術商法とよばれるようなトラブルも起こっているようですので注意しましょう。
真性包茎の場合であっても必ずしも手術が必要な訳ではなく、子供の場合などでは、自分で包皮を剥くトレーニングを毎日行うことで治る場合もありますので、専門医の指導を受けるとよいでしょう。ただし、実施方法を間違えてしまうと、出血や感染症などのトラブルにつながりますので注意が必要です。
手術が必要か、必要でないかの判断は、専門の病院に相談するのがよいでしょう。無料カウンセリングなどのサービスが用意されているクリニックがありますので利用してみるとよいでしょう。
また、包茎の場合には、手術の必要がなくても、早漏や性病などの原因になったり、人前で裸になるのが恥ずかしかったり、女性に積極的になれなかったりといった精神的なコンプレックスを持ってしまうケースもありますので、そのような場合には精神的な負担の軽減という意味で手術を考えるのもよいでしょう。

Copyright(c) 上野クリニック徹底研究 All Rights Reserved.