手作業による手術にこだわる理由

包茎の手術は非常に簡単なものですが、痛みへの対策や傷跡などの仕上がりについては、クリニックの技術力に左右されるところが大きいようです。
クランプ式などの機械を使った手術では、安価で簡単に手術を行えますが、傷跡が目立ちやすいという欠点があります。傷跡の目立たない自然な仕上がりを求める場合には、切除・縫合のすべてを手作業で行う手術を選ぶようにします。手作業による手術を行う場合には、患者ごとに皮のあまり具合や形状が異なりますので一定の技術が必要となりますので、豊富な手術経験を生かして、より傷跡が目立たない「複合曲線作図法」という技術を使って縫合を行ってくれる上野クリニックなどがオススメです。
さらに、包茎手術で切除する部位は、神経が集中している部位で、術後の性交渉に支障をきたすケースもあるようです。せっかく包茎手術を行って悩みを解消したはずが、新たな悩みとなってしまっては意味がありません。
このように、手術後の仕上がりや機能の温存などには高度な技術が必要なのが包茎手術で、上野クリニックなどで行われている高度な手術には、手術時間は1時間ほどかかるものの、仕上がりが全く異なる点を理解した上でクリニックを選ぶのがよいでしょう。

Copyright(c) 上野クリニック徹底研究 All Rights Reserved.